外資系企業の転職において年齢は特に重視されません

外資系企業に転職したいと考えているけど、年齢が高いので採用してもらえるかどうか不安だと考えている女性が多いのではないでしょうか。外資系企業では、経験と能力さえあれば年齢や性別は特に気にしないので、働きたいと思った求人があればどんどん応募してみるのがいいでしょう。特に即戦力を求めている場合が多いので、20代で経験が少ない人より、30代で経験豊富な人の方が、採用される確率が高いです。ただし、外資系企業であっても、管理職の求人を探すのは難しいので、管理職を目指しているのであれば、転職エージェントを活用するのが最適です。管理職の経験がなくても、実務実績が20年以上あり、英語力も高ければ採用される確率が高いです。

未経験で外資系企業に転職するには?

外資系企業は即戦力を求めていることが多いので、未経験の方が採用される確率は低い傾向です。したがって比較的転職しやすい20代であっても、異業種などへの転職は難しいといえます。どうしても異業種の外資系企業に転職したいのであれば、転職エージェントを活用してみるのがいいでしょう。それでも見つからない場合は、日本企業に一度転職して経験や実績を積んでから再度外資系企業にチャレンジしてみてもいいのかもしれません。日本企業は社員を育てていくというポリシーがある所が多いので、若くて伸びしろのある人材を求めているところが多いからです。特に仕事の経験の少ない第二新卒が転職活動をする場合は、一度日本企業に転職して実務面を学んでから外資系企業に転職するのがポイントになります。

外資 ITで働く場合、正社員でなくフリーランスで活躍することもできます。また、フリーランスでも正社員並みの福利厚生を受けることができるので安心です。