トラックの種類によって仕事内容が異なる

大型車の運転が好きな人にとって、トラックドライバーは憧れの仕事の1つだと思います。実際にトラックドライバーとして働くために、求人を探している方も決して少なくありません。そこで今回は、トラックドライバーの気になる仕事内容についてまとめました。具体的な仕事内容は、トラックの種類によって異なっています。

大型トラックドライバーの仕事内容

大型トラックドライバーは、長距離を走るケースが多いです。日をまたいで輸送することもあり、トラックの車内で睡眠をとる日も少なくありません。人によっては、月に数日程度しか家に戻らないケースもあるようです。大型トラックは体力が必要ですが、その分給料は高い傾向にあります。また運転中は基本的に一人なので、人間関係のわずらわしさなどがほとんどありません。実際に大型トラックドライバーとして仕事をするためには、大型自動車免許が必要になります。

中型トラックドライバーの仕事内容

主要都市の集配所から、依頼された荷物を各地に届ける仕事です。移動距離は様々ですが、日帰りで戻れるケースが多いです。フォークリフトの免許を持っている人であれば、荷物の上げ下ろしも兼務する場合があります。中型トラックを運転する場合は、中型自動車免許が必要です。

小型トラックドライバーの仕事内容

小型トラックドライバーは国内大手の運送会社が参入しているので、求人が多いです。ルート配送や宅配など仕事が多く、運ぶ物は顧客によって異なります。普通自動車免許でも小型トラックドライバーとして仕事をすることは可能ですが、最初から小型トラックを運転するのは難しいと言われています。このため、新人期間中はドライバーの助手として働く場合が多いようです。

トラックドライバーの求人といっても、長距離を走る大型トラックのドライバーから、中型や小型トラック、軽貨物や宅配さらにはトレーラーなど様々です。