大学の薬学部を目指す事が必須

薬剤師として活躍するためには、まず大学の薬学部に入学して6年間勉強をする事が必要です。そして、薬剤師の試験に合格する事によって晴れて薬剤師として活躍する事ができます。もし、社会人でこれから薬剤師の資格を取得しようと考えているのであれば、会社を辞めて大学に進学することになります。会社に勤めながら大学の薬学部を6年間通う事は、実質不可能なので薬剤師を目指すのであれば高校卒業後すぐに大学の薬学部に進学するのがベストな選択です。

また、薬学部の進学難易度は高く自分の学力を高める事が必要です。もし、自分の学力が低ければ合格できる可能性が低いので早い段階で薬学部に進学することを決めて学力向上のための準備をしていく事が重要でしょう。

薬学部に合格するための準備

薬剤師になるためには、大学の薬学部に進学しなければいけないのでそのための準備をします。そこで、どのような準備をしていけば良いかですが独学や高校の授業だけだと物足りないです。予備校や塾などを活用して、少しでも学力を上げる事が必須です。予備校や塾の中には、薬学部を目指している人のための授業を行っている所もあるので、どのような授業を行っているのかをチェックしながら自分が通う予備校を選ぶ事がポイントになります。

また、予備校だと過去の大学入試などを調査している事が多く、大学入試対策に力を入れています。つまり、独学よりも大学入試に直結した勉強をする事ができるので予備校は合格率を上げる手助けをしてくれるでしょう。

薬剤師のシニア求人が増えた理由のひとつに、薬学部の6年化が挙げられます。これまで4年で卒業できたのが2年も学業年限が伸びたのをきっかけに、新規薬剤師が減少傾向にあるのです。